メール鑑定

諏訪大社 下社秋宮 神橋 千尋社

諏訪大社のなかでも、最もにぎやかなお宮です。
20160193

参道にはおみやげさんが並んで、駐車場には観光バスも停まっています。
だからといって、聖地のパワーが下がるものではありません。
むしろ、聖地が聖地らしい時、
それと引き換えに周囲は現世っぽくなっている事が多いようです。
そうでないと、その聖地のパワーに引き込まれたまま、
こっち側に帰ってこれないのではないでしょうか。

また、諏訪大社のなかでは、もっとも「わかりやすい」場所です。
境内には、摂末社もあり、ソリッドな雰囲気ではなく
こちらの主は、現代の私たちの言葉も解してくれて
「ご利益」もあるように感じます。

上社前宮から、本宮、そして下社春宮から、この秋宮とまわってくると
だんだんと、神社のかたちとしては、「近代化」されて
また、私たちとっては、なじみやすくなっているように感じます。

禊の池がここでは、まだあります。
上社前宮では、池はありませんでした。
こちらの溝上社の記事になります。
神橋の手前に、千尋社。そして千尋池。
20160191

20160192

ここに池が欲しいと感じるのは、たぶん最近の感覚。
ちょっと人気(ひとけ)がないようですが、
祭事には、パワーアップしていると思います。

手水舎を使ったあと、神橋を渡ります。
20160194

諏訪大社 ウェブサイト
御柱祭 ウェブサイト
諏訪大社については、八ヶ岳原人さんのサイト がとても詳しく書かれていました。

スポンサーリンク