メール鑑定

自分を「ごきげん」にする方法

まず、「自分の感情に気がつくこと」
え?だってそんなのわかってるじゃないですか?
と思うけど、案外わかっていないそうです。

今、ごきげんですか?どんな気持ちですか?
「おなかがすいてる」
「パソコンを見てる」
それは、状態であって感情ではありません。

自分の感情に気がついたら、次はその感情が意味を知ります。

「イライラする」
なんで?
「雨が降ってんのに、でかけないといけなから」

でも、雨に「イライラする」という意味をつけたのは、あなた自身です。
雨自体は、気象現象でなんの意味もないのです。

つねに、周囲から評価されている私たちにとって
意味をつける、という認知は
クセになってしまっているのかもしれません。
いつも、良い悪いを評価している。
それが、息苦しさのモトかも。

でも、ごきげんでいると、雨も単なる雨です。
それは、ムシすることでも、
否定して、ポジティブになることでもありません。

ごきげんでいるのは、でも難しい。
「ごきげん道」だそうです。

今を生きる、
または、フローの状態でもあるそうです。
私は、菩薩行でもあると思います。
私もあなたも、修行の身。
菩薩行、お疲れ様です。

自分を「ごきげん」にする方法
Amazon

本

スポンサーリンク